GW前半が終わりましたが、みなさまどうお過ごしでしょうか?沖縄は麻疹が強烈に流行っているみたいですので、観光地へ外出する方は十分気を付けましょう。さて、本日は「NYインターンシップvol.4」となりました〜!!いや〜、このブログを書いている間にも既に「希望者」増えまくっています。もしかしたら、募集と同時に1年後とかになるかもしれませんw

 

という事で、本日も「NYインターンシップ(AO推薦入試特別企画)」をお届けしていきます。前回までの記事を見落とした方は下記よりご覧くださいませ。

 

①NYインターンって何?

②どういう人に来て欲しいか?

③NYってどんな所(私英語できないんですが。)

④NYのインターン事情とは?

 

金城
さて、今回も引き続き『NYのインターンシップ事情とは?』について聞いていきたいと思いますが、かなり企画も盛り上がりそうな感じですよ〜。という事で今回もよろしくお願いします。
AYA先生
アメリカでは、多くの学生は夏休みや、大学で授業のない日、または授業の後にやる場合が多い。そして、多くの大学ではインターンシップ自体を大学の単位として見てくれる。さらに言うと、国際関係の学部ともなれば、一学期分、海外に行け!というインターンシップ課題まである。学生は貧乏なので沢山の子達が生活費の少ない国に行きます笑

 

金城
へ〜面白いですね〜!日本もインターンありますが、今聞いているNYのインターンシップはもしかしたらこれからの日本のインターンシップの形かもしれませんねっ。他にもありますか?

AYA先生
就職活動において日本とアメリカで大きく異なる点の1つに、履歴書が挙げられる。

日本だと、コンビニで、親切に封筒まで一緒になって売られてるでしょ、でも、アメリカでは特定の書式なんて無く、顔の見えない相手に対し、いかに紙切れ1枚で自分をアピールできるか!っていうのも勝負の1つ。

例えば、建築家やデザイナー、アーティスト関係の候補者は、本当に目を楽しませてくれる履歴書なのよ!履歴書を見る側も同業界だから、そこでまず自分のデザイン力を活字以外で猛アピールさ!

逆に、法律や金融関係の仕事にそんな履歴書出すと、多分読んでさえもらえないでしょ。

AYA先生
あと、付け加えると、希望職種以外の経歴は載せない!ってのもルールかな。

金城
履歴書の話はかなり違いますね!日本の感覚でいくと痛いめみますねw100均に売ってるだろうなって考えるとw
AYA先生
そうですよ〜!もしアメリカで働く際は気を付けてください。また例えば、医者になりたい人が、病院に出す履歴書内に、「ローソン、マックで2年働きました」なんてのは省きます。相手からすると、「医者になりたかったのに、何してたんだ?」てなるからね!でも、これが事務職だったり、お電話対応の多い職種の場合はむしろ有利!「あら、人付き合いが上手だろうな」みたいにね。

なので、色んな会社に履歴書出す人は、履歴書を5種類くらい用意するのさ。「相手の興味がある事だけを」ってのがコツかな。てだいぶ話は逸れたけど、インターンシップがどれだけ就職に繋がるか、分かってもらえたんじゃないかな!前にも言った様、人種、語学力、出身校に関係無く、即戦力重視の国なの!

金城
本当にいろんな話を聞いていくと、NYがいかに現在の自分を見てくれるのかを知ることが出来ますね。だからこそ夢が溢れている。過去ではなく今を評価してくれる国、自分が今どういう位置にいるのかを知るにも良いかもしれませんねっ。

 

という事で、今回もAYA先生にNYのインターンシップについてお聞きしました。やはり、今回の話を聞いて思ったことは、よくアメリカにはそこら中にチャンスが落ちているよ〜!!って話を聞きますが、それは評価の基準を現在に置いているというところも一つあるのかなと思いました。だからこそ、過去の失敗を悔やむのではなく今どうするかをみんなが意識している。過去を心配している暇があるなら、行動しようや!みたいな感覚が強いのかなと思いました。

 

次回はでは具体的な企画内容とは?という所をより細かく発表する事が出来たらと考えております。

 

GVでは、AO推薦対策の一環として「NYインターンシップ企画」をスタートさせます。世界1の場所で触れるたくさんの刺激の中から、あなたにしか語れないストーリーをぜひ紡いでいきましょう。その他にも、様々な対策を開催しておりますので、あなたの「やりたい」を形にする環境満載のGVにて、ぜひ学んでみませんか?そして、その先にある合格、将来の夢までサポートしていくそんな場所に興味を持ちましたら、ぜひGVまで足をお運びくださいませ。

 

GVの体験申し込みを行う←まずはクリック

 

沖縄 大学受験予備校グレイトヴォヤージュ