たまには総合型選抜対策授業の話でも。さてGVの総合型/推薦選抜対策の授業はとにかく様々な話題に対して学生たちとディスカッションを中心とし、進めているのですが、最近生徒から出た話題の一つがタイトルにもなった「告白できない男が増えてます」。ほほう、遂に男たち告白を諦めたのかwと思いながら聞いていると、実は告白出来ないが社会問題へと繋がっているんじゃないかと思ったので、特別授業を開催することにw

 

高校生の告白事情とは?

まず予想していたけど、ラインなどによる告白が一定数存在し始めている。そして、その告白がトラウマになるケースも、好きな子にラインを通じて告白した所、グループラインに促されたケースも。。
そりゃ、告白恐怖になりますねっ。でもこの問題は今後の日本を考えるためには物凄く大切。

日本は少子高齢化が進みこのままでは人口が減少し労働力がなんて話が多くの場所で聞こえてくる。そして、告白出来ない社会になっていくと、自分の気持ちを益々表現する機会が無くなる。そうなってくると、男女がお互いを理解しようとする機会が無くなり、お互いの事が分からないから差別に繋がる。なんて事があるんじゃないかと言う話にも。

実は告白出来ないは、総合型/ 推薦型でも良く課される面接にも繋がってくる。よく生徒達と話していて、多くの学生が苦手なのが【自己PR】。それまであらゆる質問に流暢に答えていた生徒も、自己PRと聞いた瞬間に一瞬の間が出来る。後々話を聞いてみると「自分の魅力」がPR出来るモノなんてないと言う人が多く存在している。実際にこのブログを見ている方の中にもお子様が受験生と言う方もいるかと思いますので、ぜひ一度問いかけてみてください。そして、親御さんから見てのお子様の魅力を伝えてあげてください。それだけで、きっと自信を持って面接はもちろん様々な事にチャレンジする事が出来ると思います。

 

なぜ告白出来ないのか?

【やはり1番は失敗するのが怖い】これが多くの方の意見ではないでしょうか?
実は告白って誰かに習うものじゃないですよね?学校でも「告白」なんて科目はありませんから、どうして良いのか分からない。テレビでは見た事があるけど、いざ自分がとなると急に怖くなってしまう。どこかに答えがないかとネットで検索してみると、失敗した人の声が目に入る。結果、告白出来ない。なるべく失敗をしない選択がベストになってくるのではないでしょうか?

さて、「失敗するのが怖い」を受験に当てはめてみると、やはり多いのが進路選択の際。とにかく失敗を恐れるがあまり「とりあえず入れそうな大学」と言う感じで、進路を選んで後で後悔するなんて声もちらほら。そして、今年は例年以上に「チャレンジするのが怖い」が多くの受験生に蔓延しそうな感じがしていて、せっかく希望を持って勉強をしていたのに、進路選択ではとりあえず入れそう!が最優先になってしまわないかな?と少し心配になっています。じゃあ、どうすれば良いのか?やはり漠然とした不安や想像だけで判断するのではなく、しっかりとしたリサーチも重要になってくると考えます。

 

ではまずは告白から、次のうち1番良いのはどの方法でしょうか?[A]直接自分の口で伝える。[B]誰かに伝えてもらう。[C]手紙で伝える。[D]SNSなどを使って伝える。[E]伝えない。こちらの選択は授業の中でも生徒達に聞いたのですが、やはり1番人気はA。なんだか直接言われるだけでも気になってしまう。という声も。ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

では受験においてはどうでしょか?1番は「自分の実力では無理なんじゃない」。という声を沢山いただきますが、相談してくる生徒の中には何となく無理なんじゃないですか?という答えもあり、実は何も情報を得ないまま判断へ。というケースも見受けられます。沢山ある大学から自分に合った大学を見つけるのは大変だと思いますが、その一人ひとりに合った、1番可能性を広げる場所を提案できるのはGreat Voyageだと自信がありますので、お気軽にお問い合わせください。さらに自分の気持ちや思いを伝えるはこれだけではありません。

 

伝わるプレゼン特別講座を開催

卒業生によるプレゼン講座の様子。

先日はGV卒業生で大阪大学外国語学部に進学した安村先輩を招いて「伝わるプレゼン特別講座」を開催。実は安村先輩はコロナの状況において名だたる会社からいくつも内定をもらっている素敵な先輩。今最も日本企業が必要としている人材像?との思いから実際に講義をしていただきました、受講された生徒達は、全員が安村先輩のトークに夢中になっていました。この授業の模様は全部ではありませんが、少しでも今現在の学生や就活生にも役立てたらと思いますので、後日一部分を動画にて公開させていただきますので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。

 

でも、この講義の中でも感じた事は冒頭でも話した「告白や表現する事」という事と共通点が沢山あるなと感じました。それはどうしても「これくらいならみんなしているでしょ」と決めつけてしまい、自信を持って自分の事をアピールできない事。告白・受験・就職全てに繋がっているなと感じました。後、授業後に安村さんが話してくれた事も凄い嬉しかったのでこちらもシェアしておきます。

 

安村さん『元々私は医学科を目指していたんですが、こうして今の選択で良かったなと感じています。それもこれも、どんなにダラしなくても見捨てずにGVの先生が向かい合ってくれた事と、1番ありがたかったのは面談などで可能性を見せてくれた事でした。』続けて『その可能性を見せてくれたからこそ、今まで頑張れたし私があると思います』という話をしてくれていました。行ける所だけなく、一生懸命頑張った先にはこれだけの未来があるという希望を見せる事も、自分で決めつけた枠を取り払ってあげる事も教育の役割だと考えています。その希望を叶えるために、もちろん毎日の授業にて生徒達と徹底的に向き合っています。今後もコロナの状況はまだまだ落ち着く気配はありませんが、そんな中でも沖縄の受験生が希望を持ち合格を掴み取り、大学進学後は一緒になって沖縄をもっとよくしていけるように突き進んでいきます。

 

ではGVを卒業した後、大学ではどのように過ごし、どんな活躍をしているのか?卒業生を見ていただければ、より受験後も想像しやすと思いますので、楽しみにしていただけたらと思います。そしてGVからはどんな大学へ進学しているの?という事で、こちらもぜひご確認くださいませ。

➡︎GVからはどんな大学へ進学しているの?

 

受講した生徒の声

安村さん今日はGV生のために貴重なお話をしていただきありがとうございました。
阪大と聞いてすごく硬い感じの回になるかと思っていましたがいい意味で色々想像を上回ってました!笑 

めっちゃ1人で笑いました。安村さんの話し方であったり物の考え方は、AO入試を受ける私が今1番足りなかったものだったのですごく参考になりました。私も色んな活動をしていて、そのことに自信を持っていました。ですが大学を調べていくうちに自分の活動に対して自信がなくなってしまっている時期に直面していたのでもっと誇りを持ってフルに入試に使っていこうと思いました。

就職も自分にとってそんなに遠くない未来の話なので、今のうちに聞けてすごく助かりました。大学ではフラフラせず先を見据えて賢く生活できるよう頑張ります。

 

今回の特別授業はGVにこんなに素晴らしい先輩がいる事を誇りに思えるあっという間の2時間半でした!
私は2ヶ月後に総合型選抜(旧AO入試)の試験が控えているので、安村先輩の就職活動においてのお話はどれも参考になるものでした。しっかりとした自分軸や考えの軸を持って、いかに自分をアピールできるか、残り2ヶ月その先においてもアピール力の大切さを学ぶ事ができました。また沖縄県出身というバックグラウンドを武器に『大海を知りたいカエル』の精神で頑張りたいです!

最後に大岩先生が安村先輩に今後も期待しているというお話をされている様子を見て、私も数年後にはそんな風になりたいなと強く思いました!お忙しい中貴重なお話をしてくださり本当にありがとうございました。

 

卒業生による幼児教育など大学受験の秘訣講座。

本日はGVからお茶の水女子大学に進学し、将来は地元の山を買い子供達が伸び伸び過ごせる場所を作るを目指している。咲子先輩を招いてのお話。大学選ぶ際に意識してほしいこと「大きなヴィジョンと先見思考」。実はこれは咲子さんが大学を選ぶ際のある出来事で迷った際に大岩先生からかけてもらった言葉で、この言葉があって実は今に繋がっているんだ。という話をしてくれていました♫GVには多くの素敵な学生と、そしてそこから巣立っていった素晴らしい卒業生が沢山います。ぜひこれから、受験で何か悩んだりしたのならGVにお越しくださいませ。今後も全国の卒業生やプロフェッショナルな方々とのコラボレーションなども行なっていきますので、気になった方は下記よりお問い合わせくださいませ。

GreatVoyageの体験申し込み・問い合わせはこちら