本コーナーではAO推薦入試で受験を考える学生が7つのルールを通して受験と向かい合えるをコンセプトに掲載しております。AO推薦入試をお考えの学生は一つ一つ実践していただけたらと思います。こちらの記事では7つのルールと同時に7つのワークを通してより細かく自身の考えや将来を考えるために役立つ内容となっております。

 

①自分の好きを正直に

AO推薦7ルール

AO推薦入試で書類を書く際にポイントとなるのは、やはり「自分の中から何かが出てくる事」!もうこれに尽きます。自分の中から出てきたものでない場合は、多くの学校で行われている面接においてその熱を伝えられない事が多くある。だからこそ、まずは自分の好き(夢中になる事)を紙に書き出してみる。繰り返しになりますが、目に見える形で紙に書き出すだけで色んなモノが見えてくる。ぜひこちらに取り組む際は白紙を用意しその紙に書き出す事。

 

〈ワーク1日目〉自分の好きを書き出そう

出来るだけ沢山の好きを紙に書き出してみる。10分間で100個を目標に書き出してみよう。

《注意点》こんなの書いて良いかな。これだったらカッコいいかな。などといった余計なものは一切排除。自分の気持ちにしたがって、なりたいものは「仮面ライダー/プリキュア」と言っていた時の自分に戻って取り組んでいただけたらと思います。

 

②反対側から持ってくる

AO推薦7ルール(2)

その2「反対側から持ってくる」をご紹介。普通に将来を考えた場合、出てくるものは関連するもの、するとあまり味気のないヴィジョンになってしまいがちだと思います。

そこで少しだけスパイスを加える方法こそが今回の「反対側から持ってくる」。初めて取り組む人にとっては、どう取り組んで良いかわからないと思うので、「最悪を考える」➡︎「その後最高」に変えていくみたいに取り組んでいただけたらと思います。初めから最高を求めるとこれまたどこにでもありそうな内容になってしまうので、ポイントは最悪から最高へです。

ただし、ここでのポイントはやはり①で紹介させてもらった「好きな事(夢中になれるモノ)」はしっかりと取り組む事!こちらが未来を切り拓くための重要な第1歩となります。