GVのチューターシステムと言えば、多くの生徒から大好評いただいております。ただし、具体的にどんな感じのシステムなのか?予備校に馴染みのない方は中々聞きなれないかと思います。そこで、チューターシステムについての疑問を解消していきたいと思います。そして、GVのチューターシステムがなぜ凄いのか?その理由にも迫っていきたいと思います。

 

チューターって何?

元々は家庭教師や学生の個人指導を行う講師といった意味合いで使われていたようです。それが県外の予備校で使われるようになり「学生達のちょっとした質問」に答える大学生!といった役割を現在は担っております。

 

一般的なチューターがしてくれる事とは?

基本的には上記にも書かせていただきましたが、塾生達の質問に答える。質問対応をしてくれる事が一般的です。そのため、多くの予備校や塾では質問対応をする部屋がありそこで待機しているチューターに質問をする!というのが基本です。ただし、そのチューターについても耳にするのが下記のような意見です。

 

「特定の人に占領されてしまっており、中々利用できない。」

「そもそも人数があまりいないため、聞きたいときに聞けない」

 

などなどがあります。中には、講師はおらずチューターが基本的に教えている。なんて場所もあります。では、その点でGVのチューターシステムとはどうなっているのでしょうか?

 

GVチューターシステムとは?

GVのチューターは「琉球大学医学科」の学生を中心に(能力の高さはいうまでもないですねw)かなり強烈な個性を皆が放ってます。そしてそんなGVチューターの大きな特徴が3つあります。まず最大の特徴としては平日は夕方から毎日5〜7名以上が待機(土日祝は午前から)している人数。講師に加えてこの人数だからこそ、一人一人を細かくサポートする事ができます。そしてもう一つはやはり質問受付だけではなく、個々の課題に応じた固定の個別指導(1名から5名ほど)。高校生を中心に行なっており、テスト前にはテスト対策部屋が出現したりと時期によっても大きく変化を遂げていきます。その細やかなサポートを可能にしているのは沖縄一のチューターズの力量と情熱であると自負しています。三つ目は最強講師陣とチューターとの連携にあります。お互いにコミュニケーションを取るシステムがしっかりとしているからこそ、授業と個別の連携が高く、効率よく点数の伸びに繋がっていきます。

P2250920

IMG_9149

そんなチューター個別が、、、GVでは誰もが利用する事が可能なんです。重要なので、もう1度言っておきますが誰もが利用可能なんです。特定の生徒だけでないのは、もちろん1日当たりの人数が圧倒的に多いのはもちろんですが、細かなクラス設定による時間割があるからこそです。ぜひ、こちらより時間割もご覧ください。

 

チューターシステムの利用方法は?

P2250259

①まずは現在の勉強方法の特徴や、実際にどのような指導があっているのか、現在克服すべき教科は何なのか?などをアドバイザーと面談します。

②その後、時間割を確認しながら曜日と時間を決定し案内。という流れになっております。

 

 

以上が、GVのチューターシステムとなっております。その他にも今後チューターコンテンツについての疑問を解消する内容も更新を予定しておりますので、随時更新されていく内容をお楽しみに。

 

〈今後の更新予定コンテンツ〉

チューター個別を受けての感想(更新予定)

チューターによる個別授業の内容(更新予定)

 

 

そんなに細かく見てもらえるなら、少し体験してみたいな。と思った方は下記より体験申し込み・お問い合わせ下さいませ。

グレイトヴォヤージュへの体験申し込み・お問い合わせはこちらから

 

沖縄県那覇市の大学受験予備校グレイトヴォヤージュ