先日は「部活生特訓プログラム」を皆様にご紹介させていただきましたが、今回はその第2弾!じゃあ、実際先生方は学生時代どうしていたのか?そんな事をご紹介しながら、昨日は書ききれなかった部活生特訓プログラムをご紹介していきたいと思います。と言う事で、今日のブログも先日に引き続き一生懸命部活を頑張り。その後の勉強が不安な方へ向けて書かせていただきます。

 

まずは、このブログを書きながら、そばに玉城先生がいたので玉城先生に学生時代を振り返っていただきながら質問していきたいと思います。

 
 

金城
ようへい先生!そういえば、陽平先生は学生時代にバレー部に所属していたと聞きましたが、部活との両立ってどうしていましたか?
玉城
実はバレー部でキャプテンだったんですw

 
 
金城
うわっ!全然今からは想像もつかないけど、さぞかし痩せていたのだろう!

 

と思い、写真を探していると・・・。

IMG_0150 2

(写真はGVに来た当初のようへい先生ですw)

多分最初を知らない方には衝撃的かと思いますが、実はこんな感じだったんですw

 

玉城
開邦高校は自動的に勉強をする環境があって、部活動は基本的にはかなり短い時間でした。それと出られる大会も限られていて、テスト前の大会はキャプテン特権で「出場しない」って事もありましたよw
金城
いや〜それは面白いねw

 

玉城
ちなみにバレー部は同級生が6人中4人が、席10〜20番台でしたw
金城
うわっ凄すぎる〜!

 

玉城
僕が学生の頃はテストの前3週間前から3週間をどう過ごすのかを予定立てて、テスト1週間前までにはある程度の範囲は終わるようにしてました。
金城
っていうか、その時代から今の原点があったって感じだねっ。じゃあ部活経験者として、今現在部活に一生懸命取り組んでいる生徒にアドバイスとかってありますか?

 

玉城
僕からは3つ!あります。これはちょうどテスト中にも困っている子がいるな〜と感じたので!
金城
オオオオッ!それって部活生が絶対に必要な情報じゃん。

 

玉城
まず一つ目は、やっぱりメリハリをつける事。遊ぶときは遊ぶ。ダラダラする時はダラダラする。勉強する時はしっかりと勉強する。だから、勉強もしっかりと時間を決めてやるってのが凄い重要です。
金城
確かにね〜、合格していった子達はほぼメリハリがしっかりとあったイメージがあるねっ。

 

玉城
あとの2つは共通する部分があって、これは本当にあれもこれもとどっちつかずになってしまっている学生たちに伝えたいんですが、「全部出来ると思うな」です。部活も勉強も趣味も全て充実〜!!それって凄く憧れるけど、現実的には全てを完璧にこなす人はほぼいないんじゃないかな?
玉城
で更になんだけど!それを踏まえて、「優先順位をしっかりとつける事」これができていない子も多い気がします。

 

金城
そうだねっ〜!めちゃくちゃ重要な事だねっ、でもこれも出来てない人が多いねっ。なんでみんなその優先順位をつける事が出来ていないんだろうって考えると、やっぱりどう優先順位をつけて良いのか分からない!ってのが、多いと思うんだよね〜!その辺を次は聞かせてもらおうかな〜!

 

 

と言う事で、本日の質問タイムはここまで。ではGV部活生特訓プログラムでの数学はどういう感じで部活生をサポートしていくのかも記載しておきます。

 

①少人数の指導体制!わからないままでは絶対終わらせない!!
あなたの『わからない』に丁寧に対応したい。講師とチューターとが学ぶあなたの側にいます。生徒7〜8人にひとりの指導者を配置し、小さなつまづきにも細かく解説します。

 

②学習進度、学習のレベル、徹底的に生徒に合わせます!
あなたのひとつひとつの時間を充実させたい。GVの数学はオンライン学習も活用します。オンライン学習を利用することで、教科書基礎レベル〜二次レベルまで、それぞれのレベルに合わせて、それぞれの進度で学習を進められます。

 

 

③確認のテストで理解を確実に!

なんとなくわかったでは、進ませたくない。ちゃんとした理解をひとつひとつ重ねていくために単元ごとの確認のテストをします。

 

④すべてが手軽に。いつでもどこでも学べるように。
全ての学びを手軽にしたい。確認テストも、インプットのためのオンライン授業も、練習のためのプリントもすべてが手元のスマホで。ちょっとしたGVなら隙間時間も充実させます。

 

 

 

今からで間に合うかな?そう迷っているなら、まずはGVに足を運んでみて下さい。あなたが思う以上のサポートを用意してお待ちしておりますので!お問い合わせフォームはこちらから→GVお問い合わせフォーム

 

 

沖縄県那覇市の大学受験予備校グレイトヴォヤージュ