SYOUTA OSHIRO

 

英語教育に懸ける思いは誰にも負けない。

 

情熱、情熱、情熱。英語教育に懸ける思いは誰にも負けない。

彼の英語教育の根底に眠る想いそれは、「現状がどうあれ、自分の可能性に気づいて欲しい」とのブレない想い。

特に、彼の力が発揮されるのは「英語に苦手意識がある人」に対して。

ひとりひとりの特性を抑えた、丁寧な授業や個別は、順番待ちを起こす位人気となっている。

今、英語でつまずき、苦しんでいるなら【大城英語】に触れてみる事をオススメする。

授業の様子

琉球大学の英語が長文(言い換え問題)だった時の勉強法

 

生徒の声

・わからないところを最初からわかりやすく教えてくれて自身の経験から覚えやすい方法を教えてくれます。
・丁寧に分かりやすく教えてくれるから苦手な和訳がわかりやすい。
・少しおっちょこちょいだけど先生が元気だから元気になれる。
・生徒思いのところ。
・声が大きく聞き取りやすいです。
・目が大きい。
・小さな疑問も解決してくれる。
・親身になって教えてくれる。歌上手。
・ピュアな人。優しい。わからない人の気持ちわかってる。
・細かく間違いやすいパタンを教えてくれるところ。
・子育てと塾講師の両立に励んでいる。
・1時間に一回は天然発言するのが面白い。
・一つ一つ確認しながら授業を進めてくれる。
・優しい、ミュージカル英語。
・堅実英語。
・熱心に教えてくれる。
・その文にある表現や単語も一緒に教えてくれるのでわかりやすい。
・話しやすくて質問もしやすい。
・文法の一つ一つを細かく教えてくれわかりやすいです。
・丁寧に教えてくれるから基礎を固めることができる。
・授業に対する情熱がすごく、やる気が出る。
・1から教えてくれるので助かってます。
・説明丁寧でわかりやすい、授業も楽しい。
・時間過ぎてるの気づかない位熱心に教えてくれる。
・英作文を書くときのポイントや明るく楽しく授業してくださるところ。

 

関連コンテンツ

GVの英語の授業ってぶっちゃけどんな感じ?

連日W杯で寝不足気味の皆様こんにちは。いやー今日は日本戦がありますが、 [...]

大城先生の授業を覗いてみよう(GV英語)

GVブログをご覧のみなさまこんばんわ。今回はGVの英語担当「大城先生」 [...]