洗練された芸術の域 英語担当 与那城大輔

DAISUKE YONASHIRO

最善の一手を導き出すオールラウンダー!

「生徒が英語を使えるようになる」これが英語科の大きな指針です。

「使える英語」はセンター試験をはじめとする大学入試、各種試験にも「使える」と考えているからです。

よって、まず集団授業で、「使う頻度の高い知識」に絞ることで説明の時間をできるかぎり減らし、その分演習中心の学習をしてもらうことで、英語の「読み・書き」の基礎となる土台をつくっていきます。

そして、個別指導では、個々の人のニーズに合わせた、きめ細かな対応で生徒をサポートします。

当然ながら、各大学別の対策も個別学習で対応可能です。どのようなレベルであっても、「英語を使えるようになる」ことこそが、英語を「得意科目」に変える近道です。

グレートヴォヤージュ講師陣は、生徒からどのようなニーズでも受け止めて、生徒が変わる「きっかけ」になれると自負しています。

授業の様子

琉球大学2018[第4問エッセイ①]

関連コンテンツ