コロナの第二波とも言える状況が予想よりも早くやってきた模様です。沖縄県では連日1日あたりの感染者数が過去の最高数を更新し、前日(7月29日)には44人の感染者が判明しました。4月の状況と比べて検査数も増えたこともあり、過度にパニックになるのは適切ではありませんが、警戒レベルを普段よりも高めて日々の生活を維持する必要があると考えます。続きは下記より。

新型コロナウイルスに対する弊塾の対応について(7月30日)