私は、今年の1月から文系のクラスに進路変更することになりました。大学の進路が固まり、自分の今までやって来た活動や取り組みを活かせるAO入試をつかって、大学受験の対策をしているGVに入塾しました。AO対策のクラスでは、主に今の日本や世界の社会問題を取り上げ、それについて議論したり、国際・法・芸能・観光・教育などの様々な分野で、多角度から一つの問いについてディベートするなど、より自分の知識や視野の幅を広げられる授業がたくさんありました

 

また、自分自身で「こんな授業をして欲しい」「こんな企画・イベントをやりたい」という声を反映できるというのもGV・AO対策の魅力だと思います。GVのAO対策を受講している生徒のほとんどは、学校外での課外活動や留学など様々な体験をしていて、興味があることに積極的に取り組む自発的な人が多く、色んな企画を提案してきます。そんな生徒の声をAO対策担当の金城さんは、快くOKしてくれて、それが実際に授業であったり、次の議論のお題にもなりました。その中でも、『社長にインタビュー』は私が提案した企画なのですが、「実際に沖縄で活躍されている大人たちにぜひ会ってお話ししてみたい」という私のリクエストを金城さんは二つ返事で承諾してくれて、今では遠い所ならうるま市まで私の足となって一緒にインタビューに付き合ってくれます。(金城さんが一番楽しんでいるそうなのでウィンウィンです(笑)。

 

その他にも、塾以外から講師を呼んだり、映像クリエイターなど第一線で活躍している方を呼んで特別授業などGVにしかないオンリーワンの授業が受けられます。

 

このAO対策して授業を通して、より自分を見つめ直す機会が増え、それが受験に対するモチベーションにも繋がりました。GVに入塾していなかったら、たくさんの体験を高校時代に経験することもなかっただろうし、AO対策で一緒に頑張った友達に出会うこともなかったかもしれないですね。

 

受験生なのに、私の色んなワガママに付き合ってくれた金城さん、お世話になった先生方、AOのみんなに感謝です。ありがとうございました!