私が初めてGVを訪ねたのは高校3年の4月でした。当時既に入塾していた宮城慎梧君と岡陸人君と共に体験授業に参加しました。私はその時、受験生という自覚があまりありませんでしたが、この体験授業を通して受験というものがすごく近くまで来ている事に気付かされました。行きたい大学も特には思い付かないような状態で成績も特別良いというわけではなかったので、行ける大学はあまりないと思っていましたが、GVの進路指導で、自分の将来の目標を達成するために進むべき大学や自分の学びたい学問がある大学を探したり、自分が持っている受験に使える武器などを見つけてくれました。GVの充実したサポートを肌で感じ、ぜひ入塾したいと思いました。

 

しかし、親の了承が得られず入塾を断念しました。

 

それからしばらくして、自分の志望校も固まり、いよいよ受験生が始まる時期になったとき、やはりGVの充実したサポートの中で受験勉強をしたいと思い、親を説得し入塾することになりました。私は部活動での実績を活かして大学受験に挑もうと考えていたので推薦入試対策のクラスに入りました。このクラスでは個性の強い仲間たちと様々な課題を基にディベートを行い、その問題に対しての意見を交換したりしながら推薦入試に必要な力をつけていきました。

 

受験生活の中で一番苦労したのは、小論文試験の対策です。最初はどう書いていいか分からず、一文字も書けないこともありました。しかし、先生方の丁寧な指導を何度も受けるうちに段々書けるようになっていきました。受験本番でも、何度も対策をしていたお陰で落ち着いて受けることが出来ました。

 

私が志望大学に合格することが出来たのは、GVの生徒一人一人に合わせた丁寧な指導のお陰です。とてもお世話になりました。