今回は東京大学、2016年国語第一問を題材(出典は内田樹「反知性主義者たちの肖像」)に、GVでの講義を少しここで再現しようと思います。
現代文の問題は、特に記述の場合、やっても大して伸びないし、他の教科に時間を回そうと考えている人が多いと思います。しかし、そう考えるのは解答の必然性を見極める訓練をしていないからだと思います。解答の必然性が見えれば、質の高い解答が再現可能になります。つまり努力が十分に報われます。
では、解答の必然性はどこに求められるのか?そのヒントは「設問」にあります。「設問」には「出題者のメッセージ」が込められていて、僕らはそれを正しくキャッチしなければならない。問われていることに答えるのだから当たり前ですね。しかし多くの場合、「設問の分析」が非常に甘いのです。もちろん現代文の実力のベースは論理的な「読解力」と「表現力」にあることは言うまでもありませんが、ここではそれを前提として、設問を分析して答えを導く所に解説を集中します。
下に本文を示してありますので、是非、読んでもらってから、解答を考えてみてください。

設問(一)「そのような身体反応を以てさしあたり理非の判断に代えることができる人」(傍線部ア)とはどういう人のことか、説明せよ。

一般に「どういうことか」という問いかけは「内容説明問題」に分類します。基本的な姿勢は「要素に分けて、本文の言葉を利用して、言い換え」です。当然「そのような身体反応を以て(a)」を具体化することが求められます。
ただし、ここでは「どういう人のことか」と聞いており、傍線部アを「知性的な人(y)」と承け、「その人においては…」「そのような人たちは…」と続くので、傍線部分を字句通りに言い換えるのではなく、後ろの内容を傍線部分に盛り込んでyを説明する必要があるでしょう(b)。
a要素については、その前の部分を拾って「他人の意見を謙虚に受け容れ、それが実感に沿うかどうかを内省することによって」と言い換えるのは容易でしょう。
b要素については、傍線部アの後半部から繋いで「当面の是非を判断しつつ、自らの知的枠組みの刷新ができる人」ぐらいになるでしょう。この二つを足せば良いのですが、より本質的な部分を抽出して、引き締まった解答を作りたいところです。
そこで、傍線部アのある③段落の二文目「無知(x)とは…知識に飽和されているせいで未知のものを受け容れることができなくなった状態」(x↔︎y)を逆利用して、以下のようにまとめました。

設問(一) (60字程度)

<GV解答例>
自らの知的枠組みの中に未知なる他者性を引き込み、それが内的な実感に沿うかどうかの吟味を重ねながら、その枠組みの刷新ができる人。(63字)

<参考 S台解答例>
他者の言葉を自らの身体的な実感でその当否について判断し、知的枠組みを柔軟に刷新して未知なるものを捉えようとする人。(57字)

<参考 K塾解答例>
他人の話をわかったつもりにならず、それに耳を傾け、その内容を実感として納得できたか否かを、自らの知の枠組みが揺らぐままに内省できる人。(67字)

設問(二)「この人はあらゆることについて正解をすでに知っている」(傍線部イ)とはどういうことか、説明せよ。(60字程度)

「どういうことか」なので内容説明タイプで、基本方針は「要素に分けて、本文の言葉を利用して、言い換え」です。そこで「この人は(a)」と「あらゆることについて正解をすでに知っている(b)」の2つに分けます。「この人」の指示内容は、一般化して「反知性主義者(x)」で良いでしょう。場合によっては、xを具体的に説明する必要もありますが、ここでは助詞の「は」に注目します。「は」は「対比」を含意する場合があります。ここでもxに対して「反知性主義者でない人(y)」が想定されています。
次にb要素ですが、ここには一見言い換えが必要な言葉はないように見えます。でも「何か」引っ掛かりませんか?「正解をすでに知っている」って学校の先生とかカンニングとか「特殊」な場合を除いて、「普通」おかしくないか?一般に、書き手は読み手に対して「一定の了解(自明性)」があることを前提として文章を書きます。僕らは、全うな読者として、それに「気づか」ないといけないんです。
「正解をすでに知っている(x)」はおかしい。通常は「すでに知っていない=何かの後で知る(y)」ものなんですね。ならば解答の方向性は、「反知性主義者は、yではなくxだ」みたいになりますね。
それで、yとxを「本文の言葉を利用して」言い換えるんですが、yについては傍線のある④段落だけではピンときませんね。そこで視野を広げて⑥段落以降を参考にするのですが、ここにも必然性があります。⑥段落以降には、筆者の考える「知性的なあり方」、つまり「反知性主義者でないあり方(y)」が示されているからです。
それで、yとして僕は、特に⑧段落の二文目「人間は集団として情報を採り入れ…合意形成を行う」に着目しました。それとの対比でxは、④段落から、特に三文目「…手持ちの合切袋から、自説を基礎づけるデータ…取り出すことができる」に着目しました。

<GV解答例>
反知性主義者は、現実の事象に対応して他者と解決を探るのではなく、既得の知識を真理とみなし、全ての事象に適用しようとすること。(62字)

<参考 S台解答例>
反知性主義者は自己の信ずる真理性を絶対的なものと思い込み、他者の判断を考慮する余地を全く持たないということ。(54字)

<参考 K塾解答例>
自説を根拠づける豊富な知識を盾にして他人に一方的に語る人は、自らの思考枠がすべてに妥当する絶対性を備えていると思い込んでいること。(65字)

設問(三)「あなたは生きている理由がない」と言われているに等しい」(傍線部ウ)とはどういうことか、説明せよ。(60字程度)

「どういうことか」なので内容説明タイプで、基本方針は「要素に分けて、本文の言葉を利用して、言い換え」です。それで、傍線部を見ると主部が欠如しているので、それを補うと「「あなたが何を考えようと、何を判断しようと、それは理非の判定に関与しない」ということは(a)/「あなたは生きている理由がない」(b)/と言われているに等しい(c)」となります。aは、個別具体的な記述なので一般化する必要があります。④段落の反知性主義者のあり方(x)を参考に、aを「自らを絶対化し他者性を無視する反知性主義者の言動」ぐらいに一般化すると良いでしょう。
そして、この設問の一番の肝はb要素の中の「生きている理由」をどう分かりやすく言い換えるかです。これについて直接的な記述はありません(つまり自明とされている)。しかし「生きている理由」を奪う反知性主義者が「他者性を無視する」(x)なら、逆に「生きている理由」を「自他の関与」(y)の方向でまとめれば良いと思います。(人は、人と人の間に生きる「人間」だもの。笑)
加えて「生きている理由」は、例えば「靴下を左足からはく理由」とか「水曜の夜はカレーを食べる理由」とか何でもいいけれども、より根本的な次元にあります。ここも解答に表現したいところです。c要素については、そのままでも構いませんが、書いておかないと減点です。

<GV解答例>
自らを絶対化し他者性を無視する反知性主義者の言動は、自他が影響を及ぼしながら生きる人間の根源的あり方を否定するに等しいということ。(65字)

<参考 S台解答例>
自己を絶対化して他者の判断を無化する反知性主義者の言動は、人々の生きる力を否定して衰弱させる機能をもつということ。(57字)

<参考 K塾解答例>
自分の思考が相手に無視されることは、他者と応答し合いながら知を生成していくという人間の生のあり方が否定されるのと同じだということ。(65字)

設問(四)「その力動的プロセス全体を活気づけ、駆動させる力」(傍線部エ)とはどういう力のことか。(60字程度)

「どういう力のことか」なので内容説明タイプで、基本方針は「要素に分けて、本文の言葉を利用して、言い換え」です。本問は、第一問と違い、直後に「知性」と承けているだけなので、「知性の働き」をイメージしながら、傍線部分を具体的に言い換えたら良いでしょう。それで、「その力動プロセス全体を(a)/活気づけ(b)/駆動させる力(c)」に分けます。
a要素については、指示内容を直前の文に求めるのは当然ですが、ここでスペースを使うのは勿体ない(簡単すぎるし、他に重要なポイントがあるはず)。「集団で合意形成を目指す過程」ぐらいで良いでしょう。
b要素については、傍線部エの次段落(⑨段落)、具体例をはさんだ後の「「それまで思いつかなかったことがしたくなる」というかたちでの影響を周囲にいる他者たちに及ぼす力(=知性)」を利用します。「成員相互に個々では到達し得ない発想や動機づけをもたらし」としてaに繋げます。
最後にc要素ですが、これが難しい。傍線部に戻り、そこでの位置付けを確認します。「力動的プロセス全体を…○○に駆動させる力(=知性)」つまり「力(=知性)が、○○に、力動的プロセス全体を、駆動させる」。先のb要素が「集団」にあることで「成員」たちを活性化する力(=知性)のベクトル(集団→成員)ならば、c要素は、そのことで逆に、覚醒した「成員」たちに「集団」を駆動させる力(=知性)のベクトル(成員→集団)ではないか。この理解を踏まえて、⑩段落の記述「その人がいることによって…集団全体の知的パフォーマンスが…高まった」を利用して、以下のようにまとめました。

設問(三) (60字程度)

<GV解答例>
集団で合意形成を目指す過程で、成員相互に個々では到達しえない発想や動機づけをもたらし、そのことで逆に集団の知的生産性を高める力。(64字)

<参考 S台解答例>
相互に影響を及ぼすことで人々に新たな気づきと発想をもたらし、集団全体の知的活動を刺激して合意形成へと促す知性の力。(57字)

<参考 K塾解答例>
集団内でのやりとりを通じた合意形成に至る過程で、個人だけでは思いもよらぬ発想を人々にもたらし、人々相互の活発な知的活動を創出する力。(66字)

設問(五)「この基準を適用して人物鑑定を誤ったことはない」(傍線部オ)とはどういうことか、本文全体の趣旨を踏まえた上で100字以上120字以内で説明せよ。

内容説明型の要約問題です。まず傍線部分の説明を足場にした上で、必要な内容を本文全体から拾ってきて、繰り込みます。
傍線部オは最終⑪段落の結論部にあり、筆者の実感に基づき「反知性的」人物(x)の見分け方について断定しているところです。それを踏まえて、傍線部オを「この基準にあてはまる者は、経験上、反知性的といえる」と言い換えます。そして「この基準」を具体化し、主語を置き換え、「当人の知力の発動により集団の知的パフォーマンスを下げる者(x)は、経験上、反知性的といえる」(a)としておきます。
土台ができました。後は、どんな内容を付け足す必要があるでしょうか?繰り返しますが、aは「反知性的」な人物についての筆者の実感に基づく判断です。その判断に説得力を加えるには、「知性(y)とは?」または「反知性(x)とは?」についての理論的な裏付けが必要であり、実際、傍線部オに至るまで「知性/反知性」についての理論的考察が述べられています。
ここでは、aが反知性(x)について述べられてる部分なので、知性についての記述を前半に加えて「知性とは、yであり、経験上も、xは反知性的だといえる」という構文でまとめることに決定します。yとxの対比に気を配り、できるだけ重なりのないスマートな解答に仕上げたいものです。
yの要素を本文全体から拾います。まず結論の裏側にあたる⑩段落から、「知性は(個人の属性ではなく)集団的にしか発動しない」(p)と、知性は集団の知的パフォーマンスが高まった場合に「事後的」に評価されるという要素(q)をピックします。
他にyについて顕著な記述があるのは、各々設問(一)(四)で問われている③段落と⑧⑨段落です。③段落では、他者の受容を契機とした「知の自己刷新」を知性とし(他者→自己)、⑨段落では、他者に新しい発想を及ぼす力を知性としている(自己→他者)。ここは分けて書くと字数を奪うので、工夫してまとめて表現したいところです。
翻って、先ほど「当人の知力の発動により」と書いたところも具体化し、反知性(x)における「他者性の無視(p´)」「知の属人性(q´)」の要素を加えておきました(p↔︎p´,q↔︎q´)。

<GV解答例>
知性とは、集団の中で成員が自他の意見を交換しながら知的枠組みを刷新し、集団の知的生産性を高めた場合、結果として認められるものであり、経験上も、高い知性を自負し、一方的に自説を押し付け集団の活力を低下させる者は、反知性的だといえるということ。(120字)

<参考 S台解答例>
現在の日本を考えるとき、自己の独善的な主張を周囲に強いる人間が知性的であった例のないことから、私たちは反知性主義者の偏った情熱に屈することなく、知性を重視して他者とともに自己刷新をつづけ、集団全体を知的に活性化していく必要があるということ。(120字)

 <参考 K塾解答例>
知性とは、個々人が互いに異なる意見に耳を傾け、自らの思考枠を刷新しつつ集団の知的活動を活性化するものである以上、自己の知識を誇示し、独断的な考えを主張するだけで、他の人々の知的創造力を失わせる人物が、知性的であったためしはない、ということ。(120字)

 <参考 T進解答例>
知性とは、個人に属する豊かな知識のことではなく、他者の判断を受け容れつつ、他者の知の枠組みを刷新していく集団的な現象であり、集団の知的営為を向上させたかどうかを事後的に知性的か否かの基準とする人物評価の妥当性に、筆者は自信があるということ。(120字)

設問(六)

a.陳腐 b.怠惰 c.頻繁

 問題はこちら