前回は大学入試が変わる背景をお話ししました。まだその記事を読んでいない方はこちらからご覧ください。

新入試、こう変わります②(なぜ入試は変わるのか?)

今回は具体的に入試がどう変わるのかをお話していきます。

 

まず、学力の大前提が変わります。

学力の大前提が変わる??

スライド20

 

学力は「知識」だけでなく、「思考力」や「主体性」も含まれるとされ、

主体的に取り組む姿勢そのものが評価されるようになります。

 

これまでのセンター試験とは求められる力が大きく変わります。

各試験の位置付けとは?

スライド21

 

これまでのセンター試験では主に「知識」と「情報処理能力」が求められていましたが、

新しく変わる大学入学共通テスト(以下、共通テスト)では、

「知識」がある前提で「思考力」を問うものとなっていきます。

ここは非常に重要なポイントで、「知識」があるだけでは通用しなくなってしまうということです。

 

そして、2次試験ではより「思考力」を問いながらも、「主体性」を見ていく方向性となっています。

もうお分かりだと思いますが、「点数だけ取れば良い」が通用しなくなる可能性があるということです。

 

大きくそれぞれの入試の変更点をまとめると、以下のようになります。

現行の大学入試と新大学入試具体的に何が変わるのか?

スライド22

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

よく話題にもなっていますが、共通テストでは記述式問題が導入されます。

また、一般入試でも調査書や活動報告書などの志願者本人が記載する資料などを活用することが検討されています。

そして、英検やTOEFLなどの民間試験も英語4技能評価として導入されます。

 

この英語4技能、何かたいそうなことを言っているような印象を受けますが大したことはありません。

英語4技能評価ってなんぞや?

スライド23

 

これまでセンター試験で評価してきたReadingやListening、

二次試験で評価してきた英作文などのWritingに加え、

Speakingも評価する、というだけの話です。

 

実際にはこのSpeakingが問題なわけですが、さほど怖くはありません。

理由は後述します。

 

想定される利用可能な民間試験は以下の通りです。

スライド24

 

様々な試験がありますが、おそらく主流になるのは「英検」「GTEC」「TOEFL」だと思われます。

「英検」「GTEC」は比較的受験料が安く、

「TOEFL」は留学にも通じるということで利用する大学が多くあるからです。

 

そして、調査書も変わります。

調査書も変わる!?

スライド25

 

主体性を評価するために「諸事項」欄が拡充、そして新しく「備考」欄も追加されました。

最も大きな変化は両面1枚という枚数制限が撤廃されたことです。

このことにより、生徒の詳細情報をいくらでも書くことができるようになっています。

先生の負担量が凄まじいですね、さすがに(笑)

 

また、主体性を評価するために「活動報告書」なども導入検討となっています。

さらに〇〇報告書も・・・

スライド26

 

活動報告書では、より具体的にこれまでどのような取り組みを行ってきたのかを評価します。

その際、SGH(スーパー グローバル ハイスクール)やSSH(スーパー サイエンス ハイスクール)に

認定されている高校は大きな評価ポイントとなります。

 

沖縄では那覇国際高校がSGH、球陽高校がSSHに認定されていますね。

もちろん、どのような取り組みを行ってきたのかが重要ですので、

SGHやSSHに認定されていれば無条件に高評価になるというわけではありませんが、

他校に比べて有利であるということには変わりはありません。

 

そして、これだけでなく「eポートフォリオ」も導入が検討されています。

eポートフォリオとは?

スライド27

 

eポートフォリオは、生徒自身が日々の学習や課外活動などの主体的取り組みをネット上で記録するというものです。

生徒が記入した内容を教員がチェックし、必要であれば記入内容の書き直しを指示します。

こうしてネット上に蓄積されたデータを大学入試で活用する、というものです。

 

このように、「調査書」「活動報告書」「eポートフォリオ」などを活用して

「主体性」を評価しようという方向性となっております。

 

実際、この「eポートフォリオ」を活用する予定の大学はどんどん増えてきています。

スライド28

 

活用予定の大学には「琉球大学」も含まれます。

沖縄の学生にとって、「eポートフォリオ」の準備は非常に重要なものとなることが分かります。

 

次回は「大学入学共通テスト」や大学の二次試験の変化について解説します。

 

GVでは早めの「新入試対策」も行なっております。ぜひ、1年次で早めの対策をしたい。

今から対策をしたいと考えている方は、ぜひGVまでお問い合わせ下さいませ。

 

沖縄県那覇市の大学受験予備校グレイトヴォヤージュ