image1 (37)

GVの歴史を知る1人。

開邦高校英語科卒で、

琉大の医学科を

掴み取った

宮城左京くんの、

合格体験記。

 

これが、GVです。

ぜひ、熱い想いに

皆さんも触れてみて下さい。

 

 

受験を戦う上で、

かなりのヒントにも

なるかと思います。

 

 

==================

 

僕は開邦高校の英語科だったので

学校で数学ⅢCや化学Ⅱ生物Ⅱをやってないし、

マーク模試の点数も当然医学科を目指せるような

点数ではなかったです。

また数学は得意な方だと思っていたけど

それもただ英語科の中でだけでした。

 

なので僕は医学科受かるには

あと何年必要なんだろうと思っていました。

 

当時通ってた予備校では

ほとんどが全体授業で

生徒数がとても多かったので

先生との個別が全然できなかったです。

 

その予備校で1番面倒見のよかった

大岩先生に相談すると、

大岩先生が新しい予備校を

造ることになっていたので

喜んで入塾することにしました。

 

これが僕とGVの出会いです。

 

 

本当に急きょ塾を作ることになったので

生徒は大岩先生の呼びかけや

僕たちの紹介などで集めた過卒生約40人でした。

 

また、場所がかなり変わったところで

国際通りのアーケード街のゲームセンターの隣で

入口は細くて臭い路地裏にあり

初めてきた人は誰も見つけられないようなところにあり、

机は長づくえ、椅子はパイプ椅子、

黒板ではなくホワイトボード、

土足ではなくスリッパ、シャワーもありました笑

 

また決まった時間にそのアーケード街の

テーマソングが流れました笑

 

しかしそのようなところでも

僕の理想としていた

先生と生徒との関係、

生徒同士の関係を

完璧に築くことができました。

 

 

40人ということで

先生が生徒全員の

名前と顔を覚えているのはもちろん

一人一人の性格や苦手教科、

苦手分野を把握しており

先生同士が連携をとって

生徒に完璧な物を提供していました。

 

 

また、生徒同士も年齢は違うものの

全員が仲が良く互いに切磋琢磨して

とても充実した1年でした。

 

僕も充分医学科に勝負できるように

成長させてもらうことができました。

 

しかし残念ながらその年に

受かることはできませんでした。

 

 

2年目は高校生も受け入れるということで

場所も変え1年目と比べると

かなり予備校らしくなりました。

 

 

生徒も増えたことで

僕は大好きだった1年目と

何か変わってしまうのではないかと不安でした。
そんなことは一切ありませんでした。

むしろ良くなった気がします。

 

先生方は1年目にうまく行かなかった事を

改善しようと努力し、アドバイザーが入ったことで

先生方の負担がへり、チューターが増え、

意欲のある後輩達が入ってきて

生徒同士が仲の良い分とても刺激になりました。

 

僕は1番国語と社会が出来なかったので

大岩先生にはとてもお世話になりました。

 

 

古典は授業以外にレベル別の少人数個別、

現代文ではセンター過去問の実況生中継などで

大岩先生の思考回路などをその場で

見ることができとてもタメになりました。

 

 

社会では大岩先生を追いかけて

ひたすら質問をしていました。

 

いつでもどこでも質問に答えてくれたので

とても勉強しやすかったです。

 

 

大岩先生が塾にいないときは

電話をしてまで質問をしていました。

 

 

本当に大岩先生は

社会を知らない小学生から

一橋大学志望者まで教えれるような

指導力があると思います。

 

 

数学ではひたすら

木村先生にお世話になりました。

授業ではとても愉快で個別では

真面目で熱心に一人一人に

真正面から向き合ってくれる人です。

 

 

また木村先生は

全体授業で全員が

自分の伝えることを

100%獲得してもらうために

生徒に自分の授業の意見を聞いて

しっかり受け止め改善していこうとする

指導力の飽くなき向上があり

僕はとても木村先生を尊敬していました。

 

 

 

どんな質問でもわかりやすく

論理的に答えてくれる木村先生の数学力には

圧倒されました。

 

 

 

また、琉大医学部対策で面接・小論等で

夜中まで指導してくれる時もありました。

 

 

 

僕が受かることができたのは

その面接・小論対策のおかげだと思っています。

 

 

 

英語では増井先生にお世話になりました。

どんな問題がきても解けるような

本格的な英語力を身に付けさせてもらうことができます。

 

 

おかげでセンター試験で英語の傾向が変わっても

いつもどおりにとることができました。

 

 

増井先生の言語学者並の文法や

文の展開の読み取り方には誰もが圧倒されると思います。
理科では寂しがり屋の北野先生にお世話になりました。

彼は生徒と勉強するのが

大好きで休日である日曜日でも

誰かに勉強を教えるために塾にきてくれます。

 

 

 

北野先生の

化学の知識には驚かされてばっかりでした。

 

北野先生は問題を生徒と一緒に解くので

彼の思考回路を生で体感することができ、

わからない問題も何回でも

わかりやすく教えてくれます。

 

 

また、北野先生のすごいところは

生徒が引っかかりそうな問題や

解けなさそうな問題を理解できるところです。

特に数学を教えてもらってる時に

実感することができました。

 

 

 

また、日常生活ではアドバイザーである金城さん、

佐野さんの存在はとても大きかったです。

 

 

2人は全員の親みたいな存在で、

先生方には相談できないような

悩み相談を聞いてくれたり

時には楽しいおしゃべり、

時にはしっかりと叱ってくれるような

生徒を心から大切にしているんだろうなーと

思わせてくれます。

 

 

とりあえず、生徒のどんなことでも

受け入れてくれる2人の

アドバイザーには

とてもお世話になりました。

 

 

 

そして先生とアドバイザーの中間のような

GVチューターもとても素晴らしかったです。

 

 

わからない問題や

授業でついていけないところを

わかりやすく指導してくれ、

それだけでなく進路相談や

授業の相談もできました。

 

 

 

彼らのほとんどが

先生の性格や特性を知っているので

授業の相談がしやすく本当に全員が

話しかけやすく親しみやすい人たちだったので

遠慮することなく質問や相談をすることができました。
またチューター同士もとても仲が良く

みんなが連携をとって生徒に

指導することもありました。

 

 

 

長くなりましたが、

僕はGVのおかげで

充実した浪人生活を送ることができました。

 

 

 

 

ここで築いた人間関係は

社会に出てからも続くと確信しています。

 

GVはトップレベル講師の

授業を間近で受けることができ、

辛くなったらいつでも

相談ができる素晴らしい予備校です。

==================

これが、僕らがこだわるモノ。

一人ひとりと全力で向かい合い、

その後の将来も一緒になって、

創造していく。

 

 

 

ちなみに、さきょう君は、

現在GVで感じた事を、

受け継ぐべく、

チューターとして、

活躍中です。

 

 

左京

 

ぜひぜひ、無料体験実施中ですので、

テストが終わって、勉強したい方、

待ってます!!

 

アドバイザー

金城